しみを予防する化粧品について

しみを予防する化粧品について

スポンサードリンク

 一度出来たしみを綺麗に治すことはとても難しいので、しみのない肌を維持するために自分に合った方法でしっかりと予防する必要があります。美白化粧品などのしみ予防に効果がある化粧品を使用すれば、日頃からしみを予防することができます。

 

 しみの出来ない綺麗な肌を目指すなら、チロシナーゼの働きによってメラニンが生成されるのを防がなければなりません。チロシナーゼの働きを抑制する効果を持つ成分には、シムホワイト377やアルブチン、コウジ酸、イソフラボン、トラネキサム酸などがあります。

 

 これらの中にあるアルブチンという成分は、出来てしまったしみに効果のあるハイドロキノンと呼ばれる成分を肌に浸透しやすくしたものです。このハイドロキノンは、成分が優れている分、刺激が強いのでハイドロキノンやアルブチンを含む化粧品を選ぶ際は、きちんと濃度を確認する必要があります。

 

 そして、これらの成分の中で一番しみ予防に効果があるのはシムホワイト377だと言われています。シムホワイト377は、アルブチンの7000倍、コウジ酸の22倍以上もチロシナーゼの働きを抑制する効果を持っているそうです。

 

 しかし、これらの成分を含む美白化粧品を使っているからと言って、必ずしみが予防できるという訳ではなく、日焼け止めを塗るなどの紫外線対策と併用することがしみ予防に最も効果的なのです。

 

 また、美白化粧品は最低でも3か月続けて使用しなければ目に見える効果は現れません。人によっては肌が荒れてしまう成分や全く効果がない成分などもあるので、自分の肌に合ったものを選ぶことが大切です。

スポンサードリンク

しみを予防する化粧品について関連ページ

紫外線予防方法
シミやしわの大きな原因は紫外線です。肌の老化の約8割が紫外線によって引き起こされており、紫外線による老化は長期間積み重なって進行していくので、日頃から紫外線対策をすることがとても重要です。
肌のくすみの解消方法
くすみは肌の表面で起こるものですが、放っておくとシミへと悪化してしまいます。肌がくすんでいると感じたら、早めのケアが必要です。
顔のしわのたるみ改善方法
年を取るたびにしわやたるみに対する悩みが増えてしまうものですが、原因を知り、きちんとケアすることで悩みを解消することができます。そして、顔のしわやたるみを改善することで、外見も内面も若々しく美しくなることができるのです。
小じわを消す化粧品
乾燥が原因で出来た小じわは、化粧品で消すことが可能です。そこで、モイスチュア化粧品と呼ばれる保湿効果を持つ、化粧水や乳液、美容液、クリーム、オイルなどの基礎化粧品を使用します。