美容外科でのシミ除去の治療法について

美容外科でのシミ除去の治療法について

スポンサードリンク

 シミ除去の治療は美容外科でも行っています。皮膚科での治療と何が違うのかと疑問に思う人もいると思いますが、皮膚科も美容外科も施術の内容などは同じです。基本的に皮膚科での治療は健康保険が適用されますが、美容外科での美容に関する治療には健康保険は適用されません。しかし、場合によっては美容外科でも健康保険が適用されることもあります。

 

 シミ除去の治療方法は皮膚科で行われているものと変わらず、主にルビーレーザーや炭酸ガスレーザー、MAXレーザーなどの医療用レーザーを使用した治療法を行っています。費用は安い所だと1回1000円程度で行うことができ、大体5000円~10000円前後となっています。この費用は、シミの大きさや色の濃さなどによって増減する場合があります。

 

 レーザーによる治療法とは、レーザーがシミの原因であるメラニンに反応、レーザーの波長がメラニンに吸収され、その部分がかさぶたとなって剥がれた後に新たな皮膚が再生し、綺麗な肌へと生まれ変わるという仕組みです。レーザーはメラニンにしか反応しないので、シミの無い部分にレーザーが当たることはありません。

 

 治療後、4~7日間は軟膏とテープを使用し、薄い皮膚が出来てきたらテープは使用しません。2週間ほど経ったら黒いかさぶたになりますが、無理に剥がさず自然に取れるのを待ちます。レーザー治療後は常に日焼け止めを使用します。

 

 レーザー以外の治療法では、フォトRFやケミカルピーリング、ビタミン導入、トレチノイン、内服薬による治療法などがあります。

スポンサードリンク

美容外科でのシミ除去の治療法について関連ページ

しみや赤ら顔に効果
シミによる真皮にトラブルがある場合以外で、マグネテラピーが大活躍するものに、赤ら顔があります。赤ら顔の原因は、毛細血管の収縮が弱いためだ言われています。
レーザーでつぼを刺激
レーザー光線は皮膚の下まで入っていける性質をもっています。そのため、真皮まで届くという特徴があります。それを利用したのがシミのレーザー治療です。
皮膚科でのシミの除去
シミは自分で治そうとすると、時間と手間がかかりとても大変です。そこでシミを除去するために、皮膚科で治療をするという手段があります。その治療法には様々な種類があり、シミの種類によって治療法が決められています。
そばかすの治療方法
そばかすの治療方法をご紹介する前に、シミとそばかすの違いについてご説明致します。シミとそばかすは見た目が似ているので、どちらも同じものだと思っている人もいると思いますが、実はこれらは全く違ったものなのです。
しわの治療方法
しわの治療は皮膚科や美容外科で行います。治療方法は大きく分けると、レーザー治療、注射・点滴、リフトアップ、超音波・高周波治療、ピーリング、外用薬による治療などがあります。