しわの治療方法について

しわの治療方法について

スポンサードリンク

 加齢によってしわが増えることは仕方のないことですが、しわのある顔とない顔では、相手に与える印象がだいぶ違ってきます。そんな女性の天敵であるしわを簡単に治療する方法があります。

 

 しわの治療は皮膚科や美容外科で行います。治療方法は大きく分けると、レーザー治療、注射・点滴、リフトアップ、超音波・高周波治療、ピーリング、外用薬による治療などがあります。

 

 レーザー治療は、シミやそばかすの治療と同じものを使用します。しわの治療の場合は、即効性はないけれど皮膚を傷つけずダウンタイムのないものと、即効性に優れているが皮膚を傷つけダウンタイムを要するという2種類のタイプのレーザーがあります。

 

 注射・点滴による治療は、ヒアルロン酸やコラーゲン、高濃度ビタミンC、プラセンタ、αリポ酸などを注入したり、ボトックス注射を行う治療法で、永続性がなく、定期的に注入しなければならないというデメリットがあります。

 

 リフトアップには、外科的な手術を行うフェイスリフトやメスを使用しないで顔に糸を入れる方法などがあります。超音波・高周波治療には、サーマクールやラジオ波治療などがあります。

 

 ピーリングには、ケミカルピーリングなどがあり、治療後は乾燥しやすいのでしっかり保湿する必要があります。外用薬による治療には、レチノイン酸などを使用しますが、効果が高い分刺激が強く、肌にダメージを与えるので医師と相談しながら治療を進めます。

 

 これら全てに言えることですが、治療後は綺麗な肌になったからと言って、手入れを怠ってはいけません。日頃から外出時の紫外線対策や保湿をきちんと忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

しわの治療方法について関連ページ

しみや赤ら顔に効果
シミによる真皮にトラブルがある場合以外で、マグネテラピーが大活躍するものに、赤ら顔があります。赤ら顔の原因は、毛細血管の収縮が弱いためだ言われています。
レーザーでつぼを刺激
レーザー光線は皮膚の下まで入っていける性質をもっています。そのため、真皮まで届くという特徴があります。それを利用したのがシミのレーザー治療です。
皮膚科でのシミの除去
シミは自分で治そうとすると、時間と手間がかかりとても大変です。そこでシミを除去するために、皮膚科で治療をするという手段があります。その治療法には様々な種類があり、シミの種類によって治療法が決められています。
美容外科でのシミの除去
シミ除去の治療は美容外科でも行っています。皮膚科での治療と何が違うのかと疑問に思う人もいると思いますが、皮膚科も美容外科も施術の内容などは同じです。
そばかすの治療方法
そばかすの治療方法をご紹介する前に、シミとそばかすの違いについてご説明致します。シミとそばかすは見た目が似ているので、どちらも同じものだと思っている人もいると思いますが、実はこれらは全く違ったものなのです。