シミを消すのレーザー治療による効果

シミを消すレーザー治療の持つ効果

スポンサードリンク

 レーザー光線は皮膚の下まで入っていける性質をもっています。そのため、真皮まで届くという特徴があります。普通の光でも波長によっては皮膚の少し内側にまで入り込めるのですが、ほとんどが皮膚の表面で乱反射します。レーザーは5mmから1cmまで入っていけますが体の深い部分にはほとんど達しません

 

 さて、その効果ですが、まず新陳代謝の促進効果があります。これは真皮から真皮へ変わっていくのが早まる事を意味します。それから免疫機能を強めるという報告も出されています。さらに、レーザーの持つ効果としてつぼ刺激効果があります。これは針を使わない鍼灸治療を可能にします。

 

 レーザーはアメリカで1960年代にはじめて登場し、本格的に実用化されたのは1970年になってからです。すでに40年の歴史がありますが、その副作用についてはいものところ報告はないそうです。

 

 瞬間的に生体組織を切り開くメスの役割をするレーザーメスですが、出血が少なく手術ができることが最大の長所と言われています。傷口も早く治るのも特徴です。マグネテラピーとレーザーはとても相性がよく、シミの処方はレーザーを併用すると良い効果が得られます。

レーザー治療に関する情報サイト

スポンサードリンク

シミを消すのレーザー治療による効果関連ページ

しみや赤ら顔に効果
シミによる真皮にトラブルがある場合以外で、マグネテラピーが大活躍するものに、赤ら顔があります。赤ら顔の原因は、毛細血管の収縮が弱いためだ言われています。
皮膚科でのシミの除去
シミは自分で治そうとすると、時間と手間がかかりとても大変です。そこでシミを除去するために、皮膚科で治療をするという手段があります。その治療法には様々な種類があり、シミの種類によって治療法が決められています。
美容外科でのシミの除去
シミ除去の治療は美容外科でも行っています。皮膚科での治療と何が違うのかと疑問に思う人もいると思いますが、皮膚科も美容外科も施術の内容などは同じです。
そばかすの治療方法
そばかすの治療方法をご紹介する前に、シミとそばかすの違いについてご説明致します。シミとそばかすは見た目が似ているので、どちらも同じものだと思っている人もいると思いますが、実はこれらは全く違ったものなのです。
しわの治療方法
しわの治療は皮膚科や美容外科で行います。治療方法は大きく分けると、レーザー治療、注射・点滴、リフトアップ、超音波・高周波治療、ピーリング、外用薬による治療などがあります。